借り入れと詐欺

『借り入れ』する時には、「詐欺」に注意する必要があります。

低金利を売りにして申込者からお金を騙し取る融資「詐欺」や貸します「詐欺」のように、『借り入れ』したい人を狙う「詐欺」師はたくさんいるのです。

冷静に考えたら、お金を借りるのにお金が必要なんておかしな話ですよね。

でも、他の【金融業者】ではありえないような低金利で、現在の『借り入れ』状況に関わらず貸しますといわれると、少しぐらい保証金や保険料がかかっても仕方がないと思ってしまうのでしょう。

それに、大手の【金融業者】に似た会社名を使い、ロゴや広告などもそっくりに真似てくることがあるため、「詐欺」だと気づかないことも多いです。

また、途中で怪しいなと気がついても、銀行の口座番号を教えてしまっていると押し貸しに遭うこともあります。

これは、『借り入れ』しないと伝えているのに、勝手に口座にお金を振り込んできて、取り立てるという「詐欺」です。

『借り入れ』する際は、申込前に【金融業者】の名前や電話番号、住所などをネットで検索して評判を調べるようにすると、「詐欺」に遭う確率を減らせます。

とはいえ、できることなら、聞いたこともないような【金融業者】からは『借り入れ』しない方が無難でしょう。