車の移動販売の歴史

移動販売で扱う商品にはどのような種類があるのか、
歴史を追いながら見ていきます。

町人文化が栄えた江戸後期、
江戸や大坂では庶民のファーストフードである夜鳴き蕎麦や握り寿司が登場します。

天秤棒を担いだ魚屋や金魚屋、水飴屋も人気でした。

大正から戦前、戦中にかけてはリアカーによるラーメンや
石焼き芋など今の移動販売の原形に近い商品が登場します。

終戦後の混乱期は、戦争で店を失った人々が屋台で食料や物資を販売し、
生活の糧としていました。

昭和30年から40年代には自動車が登場し、
当時人気だったロバのパン屋がロバを自動車に変えました。

自動車が買えない者は、
自転車でアイスキャンディーや豆腐、ポン菓子などを売りました。

高度経済成長がピークを迎えるとさらに自動車が浸透し、
軽トラックによる竿竹売りやチャルメラが出始めました。

昭和後期から平成初期はバブル景気に沸き、
ラーメンやクレープの移動販売が一般的になります。

女性の社会進出が進み、昼時のオフィス街に弁当の移動販売が出現しました。

バブルが弾けると、終身雇用も崩壊し、個人営業を志す人々が増えます。

たこ焼きやホットドッグ、アイスクリームにケバブなど種類も豊富になり、
「ケータリング」なる言葉も使われ始めます。

21世紀、不況で遊休地の増えたオフィス街は、
大型の車が出店できるスペースができたことで、
移動弁当店はケータリングカーによるランチ営業に進化しました。

クレープやメロンパンなどフランチャイズ化する企業が出てくる一方、
過疎化が進む地方では移動式のスーパーやコンビニなど高齢者に配慮した事業が展開されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です